株式投資は早ければ早いほどいい

20代から始めるというタイトルですが、株式投資は早く始められるなら早くから始めるに越したことはありません。
なんなら小学生からでも学ばせてあげたいくらいです。

当サイトではそんな株式投資入門で欠かせない情報をまとめています。
これから株式投資に取り組まれる方はぜひぜひ参考にしてみてください!

20代から始める株式投資

20代から株式投資をすることによって、大きな資産形成をすることが可能です。基本的に、資産というのはそのまま保有していたとしても大きなお金になることはありません。資産を運用させていかないと、そこから得るものが何もなくなってしまいます。資産運用の中でも最も効率的に資産形成を行うことが可能なのが株式投資なので、初心者であっても簡単に参加することが出来ます。
詳細を読む

テクニカル分析とは?

株式投資は、運任せに銘柄を選んだり勘に頼って売買タイミングを図っても利益を出すことは出来ません。銘柄選びや売買するタイミングを決めるためには、一定の指針が必要なのです。そして、その指針として役立つのがテクニカル分析です。
テクニカル分析は、その銘柄が過去に記録した株価の高値や安値、株価の推移、株価の値上がり率などを利用して現在の株価がどのような水準にあるかや今後どう動くかを予想することが出来る分析指標です。株式投資だけでなくFX取引やCFD取引などでも利用されています。
詳細を読む

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは株式投資に使われる分析法で、テクニカル分析と双璧を為す分析法となっています。
これは経済活動等の状況を示す基礎的な要因を元に分析していく方法で、この基礎的要因としては経済成長率や物価上昇率、失業率、財政収支の赤字(黒字)率、経常収支の赤字(黒字)額といった物が挙げられます。
詳細を読む

株式投資を行う際に、日々チェックしたい情報

株式投資をする時には、投資先に関する情報を得なくてはいけません。そのための情報源として日経新聞やYahooファイナンスがあげられます。特に、インターネット上で確認できる後者に関しては、リアルタイムで株価の動きを把握することが出来ますので、現状の市場の動向を一目で確認することが出来ます。
株式投資で重要になる情報は、一般的な経済的な情報とチャートツールを利用したテクニカル分析で得た情報の二つがあります。日経新聞やYahooファイナンスを利用した方法は前者に関する情報なので、その点は間違えないように注意をしておく必要があります。
詳細を読む

投資顧問を有効活用

投資顧問とは投資に関する助言や情報を提供することを仕事としているものです。投資顧問といってもおおまかには2つに分かれており、投資助言業と投資運用業があります。一般的に投資顧問と呼ばれるものは投資助言業を指しており、投資運用業は一部になります。取り扱う分野はその投資顧問によって異なり、株式投資を行うものから先物金融投資を行うものなどさまざまです。
詳細を読む

ただ、投資顧問にも良いところもあれば悪いところも有りますので、口コミサイトをチェックして良い所探すのはお忘れなく。
おすすめの口コミサイトとしては、投資顧問 無料銘柄ランキングでしょうかね。

その他に20代の頃に知っておきたかった面白いと感じたサイトとしては、「NISAで無課税IPOを勝ち取るブログ」や「株主優待でカンタン不労所得」です。いままで全然意識していなかっただけに資産を増やすにはどうすればいいのか考えるときに参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です