投資顧問を有効活用

投資顧問とは投資に関する助言や情報を提供することを仕事としているものです。投資顧問といってもおおまかには2つに分かれており、投資助言業と投資運用業があります。

一般的に投資顧問と呼ばれるものは投資助言業を指しており、投資運用業は一部になります。取り扱う分野はその投資顧問によって異なり、株式投資を行うものから先物金融投資を行うものなどさまざまです。

投資顧問を利用するさいの料金体系としては、固定制、従量制、成功報酬制の3種類があり、またこれらを組み合わせたケースもあります。

一般的に固定制とは会費制とも呼ばれ、毎月または毎年に固定料金を支払うというもので、その期間には約束された回数、情報が提供されます。従量制の場合には1回の助言に対して料金で支払うというものです。固定制と従量制は組み合わせされることが多く投資助言業においてはスタンダードな方法といえます。

一方で投資運用業ではお金を預かり運用する方式であり、成功報酬制を取っているケースがあります。成功報酬としては利益に対して1割から3割程度を手数料として支払われる方式です。また投資運用業でも固定制を取っているケースもあります。

いずれにしても投資顧問を利用することで、世界に溢れる情報から顧客に対して有効な情報を抽出して提供しているため株式投資などの判断に役立てることができます。

なお、投資顧問ではお金を扱うという性質上、詐欺や詐取といったトラブルになるケースがあります。このため金融商品取引法において現在では規制が強化されていますが、それでも悪質な業者もあるため利用するさいには注意が必要です。悪徳投資顧問の特徴としては、必ず儲かるといった広告内容で勧誘を行っているのがほとんどであり、そのような業者は利用しないのが無難です。

優良な投資顧問を選別するためには、投資顧問の評判や評価を掲載しているサイトを参考にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です