副業感覚で株式投資をする際の、テクニカル分析の有効性

本業の収入だけで満足できない場合には副業をするといいでしょう。副業を選ぶ基準としては、いつでも参加することができ、好きな時間に取り組むことができるものがいいでしょう。本業をしている場合には、副業に取り組む時間には制限があります。そのため、拘束されるような副業は適していません。そのため、副業として適しているのは株式投資だといえるでしょう。

株式投資は投資スタイルによっては好きな時間に活動をすることができます。ザラバでトレードをする人もいれば、数日から数週間のトレードをすることもできます。投資スタイルによってテクニカル分析のやり方も違ってきます。最も人気の高いテクニカル分析の方法は移動平均線を使うことです。多くの国で使われており、多くの投資家が使っているテクニカル分析なので、それに影響されることもあります。

ローソク足とテクニカル分析の結果をもとに株価の動きを予測します。移動平均線やMACDや一目均衡表など、いろいろな指標があります。指標を選ぶときの基準は、多くの投資家が使っているものを選択することです。多くの投資家が利用しているものを活用することで、投資家心理を読み取って、株価がどのように動いていくかを予想していきます。精度をあげることによって、ある程度の動きを読み取れるようになっていくので、練習が必要となります。

テクニカル分析の精度をあげるためには、使い指標をなるべく絞っていくといいです。1つの指標に絞り込むことによって、その指標を使いこなせるようになります。ローソク足と指標の関係性は奥が深く、少し勉強したくらいではわからないことがたくさんあります。そのため、いろいろな研究をしていくと株価の予想がしやすくなるのです。

テクニカル分析がどうしても苦手、という方は、テクニカル分析の評価が高い投資顧問

を利用してみてはいかがでしょうか?

テクニカル分析とは?

株式投資は、運任せに銘柄を選んだり勘に頼って売買タイミングを図っても利益を出すことは出来ません。銘柄選びや売買するタイミングを決めるためには、一定の指針が必要なのです。そして、その指針として役立つのがテクニカル分析です。

テクニカル分析は、その銘柄が過去に記録した株価の高値や安値、株価の推移、株価の値上がり率などを利用して現在の株価がどのような水準にあるかや今後どう動くかを予想することが出来る分析指標です。株式投資だけでなくFX取引やCFD取引などでも利用されています。

一般的にチャート上に表示することが多く、最も用いられることが多いテクニカル分析は移動平均線です。移動平均線は、指定した期間における株価の推移を一本の線で表したものです。異なる期間を指定した移動平均線を2本同時に表示させ、その2本の線がクロスしたタイミングで売買を行うという手法が確立されています。

移動平均線を応用したテクニカル分析手法としてボリンジャーバンドが挙げられます。移動平均線を中心として標準偏差の分だけ上下にずらしたラインを用意し、現在の株価がその複数のラインの中のどの位置にあるかによって買われすぎや売られすぎを判断するのです。チャート上に表示させると、一瞬にして現在の状況が分かるため非常に便利な分析手法です。

こういったテクニカル分析は、難しい計算を自分で行う必要はありません。証券会社が提供する取引ツールには、様々な種類のテクニカル分析を表示させる機能があるためです。

しかし、その分析手法がどういった計算で算出されており、どのような意味があるのかを知っておかなければ有効利用することは出来ません。株式投資を始める前に、しっかりと勉強しておきましょう。